矢沢小学校のあったころ、PTAの前身の父母の会役員の親睦のためにつくられた合唱団
その後、PTAが結成され、矢沢小PTAコーラスとなる
こどもが卒業していき、いつしか団員のすべてがPTAの会員でなくなり、一般合唱団に移行
月日が経ち、児童数の大幅減により、犬山小学校と矢沢小学校が統合され、上郷小学校になり、矢沢小学校は廃校となる
矢沢小跡地に残る矢沢コミュニティハウスと野七里地域ケアプラザを練習会場として、約25人がコーラスを楽しんでいる

最初ピアニストが転居により変わる。その後そのピアニストも転居して現在 山本典子先生に。
指揮者は最初からご指導くださった、久野睦子先生が転居、現在 田川理穂先生に。